健康面を考えて、大人はもちろん、子供にも飲ませたいすっきりフルーツ青汁


ぽっちゃり太った体型に悩む大人や子供、または、より健康面になりたい方は、すっきりフルーツ青汁をオススメします。

こちらの青汁はダイエットに強い関心を持つ方にピッタリの商品になっています。

実は食事を我慢するタイプのダイエットは「リバウンド」のリスクが高いのです。

ダイエットで食べることを我慢すればするほど「食べたい」という欲求が強くなって行き、やがてプッツンと我慢の限界がきて、食べ過ぎてしまうのです。

これが原因でリバウンドが起こり、元のぽっちゃり体型へと戻るわけです。

食事を強く我慢しすぎると、こういったリバウンドが起こり、太ってしまいます。

それに、「食べないダイエット」を行うと、体が栄養分を欲して、少量の食べ物からたくさんのカロリーを取り入れようとします。

これにより、我慢の限界が来て、食べすぎたときに体がすぐに順応できず、それまでのカロリーを吸収しすぎる体質のままの食事からカロリーを摂りすぎてしまいます。

このリバウンドで、より太りやすくなるのです。

その点すっきりフルーツ青汁なら健康にいいとされる大麦若葉やクマザサ、明日葉やフルーツと野菜のエキスがたっぷり配合されているので、必要な栄養分をしっかり賄えます。

カロリーが少なすぎて食べ物から必要量以上にカロリーを摂るという事態にならないので、リバウンドが少ないメリットがあります。

さらにすっきりフルーツ青汁は栄養を取りながらもカロリーを抑えられます。

食事代わりに飲むことで通常摂るカロリーを減らすことができます。

そこがダイエットに適しており、多くの女性にダイエット効果を与えて喜ばせているのです。

ダイエットに少しでも役立てられる商品を探している人はこの青汁をオススメします。

すっきりフルーツ青汁はこの上、「酵素」や「乳酸菌」が入っていて、ダイエットに打ってつけです。

80種類以上の酵素は運動するときに使われて、カロリー消費を増やしてくれます。

それに乳酸菌がたくさん吸収されると腸内の環境が良くなって行き、溜まった便を押し出して体重を減らしてくれる効果が期待できるのです。

こういった働きもダイエット効果に加えられて、非常によくダイエットに利き目を表します。

これだからすっきりフルーツ青汁は人気が高いのです。

さまざまな側面からダイエット効果を促進してくれる魅惑の青汁がすっきりフルーツ青汁です。

完全に食事を我慢するのではなく、ファスティングダイエットをするのに使うので、体の健康を損なわずにダイエットすることができます。

健康的なダイエット効果をお望みの方にはとっても魅力的な商品なのです。

子供は青汁が苦手?年配の方にもお勧め!みんなが喜ぶ、青汁簡単スイーツ。

食物繊維や栄養が豊富な青汁、食べ物が偏りがちな子供やお年寄りの食事に、ぜひ取り入れたいですよね。

でも、色や匂いが苦手、という子供には、どうやって摂取させるのが良いのでしょうか?

実は、青汁は水に溶いて飲むだけではありません。

粉末の商品も多いため、色々と活用出来るのです。

青汁は、ビタミンCやビタミンB群、ビタミンAなどのビタミン類に加え、カリウムやカルシウムなどのミネラル群、食物繊維も豊富です。

そこで、他の食品をプラスする事で、足りない栄養分を補い、また、子供やお年寄りが摂取しやすいように工夫する事ができます。

フルーツジュースと一緒に飲む

まずは簡単スイーツとして、フルーツジュースや乳酸菌飲料に混ぜてみてはいかがでしょうか?子供達も飲みやすく、朝の忙しい時間にもピッタリです。

また、フルーツジュースに含まれるビタミン類、乳酸菌が加わる事により、栄養価も高まります。

青汁入りホットケーキ

次にお勧めなのが、青汁ホットケーキです。

通常のホットケーキの作り方に青汁を加えるだけなので、とても簡単に作る事ができます。

ホットケーキミックスがない場合は、薄力粉100g、ベーキングパウダー小さじ1、砂糖40g、牛乳120cc、卵1個を順番に混ぜていくだけで、生地ができあがります。

ここに青汁を加えるのですが、ジュースタイプの物は牛乳の代わりに、粉末タイプはあらかじめ粉に混ぜると使いやすいでしょう。

出来上がった生地を、フライパンで両面焼くと出来上がりです。

青汁クッキー

青汁クッキーもお勧めです。

粉末タイプの青汁1袋、小麦粉100g、バター50g、砂糖30g、卵黄1個分をビニール袋に入れ、練らない程度に混ぜます。

少し冷蔵庫で冷やしたら、のばして好きな型で抜き、天板に並べます。

160度のオーブンで15分焼くとできあがり!

オーブンがない場合はトースターで焼く事もできます。

トースターの天板にクッキングシートを敷き、その上に生地を並べると良いでしょう。

この場合は火が近いので、クッキー生地の上にアルミホイルを被せて10分ほど焼いてください。

ポイントは、焼いた後すぐに出すのではなく、少しの間トースターの中に入れておく事です。

適度に水分が抜けて、美味しく焼きあがります。

スイーツにすると、おやつとして食べやすいだけでなく、青汁にはタンパク質を含まないものが多いのですが、ホットケーキやクッキーに使う牛乳や卵がタンパク質を補うため、とても良い組み合わせとなります。

どの作り方も簡単で、子供と一緒にできるので、楽しみながら青汁を摂取でき、子供も自分で作ったものは喜んで食べてくれるでしょう。

また、食が細くなったお年寄りのおやつや軽食としてもお勧めなので、ぜひ試してみてください。